おさかなとリケメン

スポンサーリンク

HOME

誰でも飼えるシュリンプ飼育術!今回はミナミヌマエビの魅力と飼育方法!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。シュリンプってご存知ですか?もちろんエビなんですが、鑑賞用の小さなエビちゃんたちのことを、アクアリストの間ではシュリンプと呼んでいます。

シュリンプと一口に言えども、レッドビーシュリンプやミナミヌマエビ、チェリーシュリンプなんてのもいます。

私はこれまでミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、レッドビーシュリンプを飼育してきました。本当にかわいくて癒されます。特に餌を食べている姿が!ツマツマしてて見てて飽きないんですよ!

今回は、シュリンプ、その中でもミナミヌマエビについて飼育方法やその近縁品種も紹介していきます!

 レッドビーシュリンプに関する記事はこちらにまとめておりますのでご覧ください。


 

誰でもかんたんに始められるミナミヌマエビ!

これまで熱帯魚やシュリンプの飼育経験のない方は、エビは難しそう・・・そう思っているのではないでしょうか?

いえいえ、実はシュリンプ、コツさえつかめば簡単なんです!確かに、ビーシュリンプの類は水質にうるさかったり周囲の環境にとても敏感ですが、今回紹介するミナミヌマエビ系はとても簡単に飼育できちゃいます。

 

飼育準備!

まずは45cm程度の水槽から始めてもいいのではないでしょうか?シュリンプは高温に弱いのでできるだけ水量を確保したいというのが本音ですが、45cmでも十分でしょう。そしてフィルターは底面フィルターを使ってみましょう!

水温系やライトを取り付ければあとは底砂!底砂はぜひソイルを使いましょう。大磯ではなくソイルです。そのほうがエビが喜ぶ環境になります!

水槽をセットした後ははやる気持ちを抑えてまずは1日様子を見ましょう。しっかり環境を整えてからエビちゃんたちを迎え入れたほうが☆になる確率がぐっと減りますよ!

導入するときの水合わせについてはこちらを↓

tropicallife.hatenablog.com

 

ミナミヌマエビをおすすめする理由!

ミナミヌマエビは日本産の沼エビの仲間です。最近は改良がかそくしており、続々とカラフルな種類が登場しています。ミナミヌマエビは外気温と同じくらいの水温(0℃~35℃)程度まで適応することができます。また、丈夫で保温器具を使用しなくても飼育することができます。つまりヒーターがいらないということですね!これは家庭にも優しいのではないでしょうか?

 

飼育方法!

底面式のフィルターとソイルを使った飼育方法がオススメです。

底面式を採用したのは底砂に使用する多孔質のソイルがろ材の役割を果たしてくれるからです。

私がオススメするソイルはシュリンプに特化したソイルです。これをつかえばシュリンプをすぐに飼育することができるだけでなく、環境を整えやすいというメリットがあります。

水槽をセッティングしてすぐは茶ゴケといった苔たちに悩まされるのですが、時間がたてば安定して目立たなくなってきます。ちょうどこのころに水草や流木を入れて本格的にレイアウトしてみましょう!

時間の経過とともに、底床も汚れてきます。そのため月1くらいでソイルの表面を底床クリーナーで掃除しましょう。これだけで随分エビちゃんたちのイキイキ具合が違います!セット後1年くらいでソイルの寿命になりますので、そのときは思い切ってリセットしちゃいましょう!

シュリンプ飼育ではソイルを新しくして水槽を定期的にリセットしながら維持していくのが基本です!

 

まとめ

いかがでしたか?エビちゃんとってもかわいいですよね!

最後に我が家のビーシュリンプたちを・・・

f:id:bluearthkun:20180816212202j:plain