おさかなとリケメン

スポンサーリンク

HOME

もう失敗しない!熱帯魚屋で元気な魚を選ぶ方法

スポンサーリンク

先日、ホームセンターに付随している熱帯魚ショップに行ったのですが、メダカは大量死しているわ餌用金魚は半滅だわで散々でした。

魚の元気も全体的になく、劣悪な環境だったのでとても残念でした。

 

信頼できるショップが近くにあるととてもいいのですが、実際そううまくはいきませんよね?

そこで今回は私なりの元気な魚の選び方についてご紹介していきます。

少しでもいい個体を買ってより素敵な熱帯魚ライフになってくれればなと思います!

 

コツ1 水槽の中の観察。魚たちは元気かな?

まずはショップ内にある水槽の中を観察してみましょう。

魚が死んでいる。死骸がフィルターにくっついていると言った環境は最悪です。

中はとても劣悪な環境になっているでしょう。そこから魚を購入すると病気も一緒にもらうことになりかねません(><)

そしてショップで店員さんにトリートメントをしてどのくらいたったか聞いてみましょう。熱帯魚は外国から輸入されてきます。そして店舗で水槽に移され、薬品でトリートメントされます。ですのでそれからどのくらい時間が経ったのか聞くと魚の健康状態もおのずとわかってきます。

私たちの質問に丁寧に答えてくれて、飼育方法や魚の特徴を教えてくれるショップかどうか見極めるのが大事です。

 

コツ2 できるだけ早くお家に持ち帰ろう!

熱帯魚を買うと、おなじみのビニール袋に酸素と一緒に入れてくれます。この状態で数時間、約半日は持ちますが、なるべく早く持ち帰り新しい環境に導入したほうがいいです。

特に夏場は高温になってしまいますので購入後はまっすぐお家に帰りましょう!熱帯魚のためでもあります!

家に帰ってきたらまずは水あわせです。この水あわせを怠るとせっかく買ってきた魚が死んでしまうこともあります・・・

水あわせに関してはこちらで詳しくご紹介しています。

tropicallife.hatenablog.com

 

 

コツ3 具体的な熱帯魚の健康状態チェックポイント!

どこを見ればいいのか、具体的に挙げていきます。ぜひ参考にしてみてください。

  • 目やエラが腫れていないか、出血していないか。
  • 体にしっかりツヤがあり、発色が綺麗か。
  • 頭を上げて泳いだり、くねくね泳ぐなど泳ぎ方に異変はないか。
  • 底でじっとしていたり水面近くを泳いでいないか、口をパクパクさせていないか。
  • 元気よく泳いでいるか。
  • 体に白い斑点がないか。(白点病のチェック)

以上です。これがオールクリアで間違いない個体だと思います!

自信を持って購入し持ち帰りましょう。

 

最後に

ショップでは、餌やグッズを買うこともあります。そこでいつも同じお店、行きつけのお店があれば飼育の相談にも気軽に乗ってもらえるので、もし良いお店があれば自分の行きつけのお店にしちゃいましょう!

みなさんの熱帯魚たちが元気で過ごしてくれることを願っています!